変額の個人年金保険は、比較ランキングに向かない?

当サイト管理人が個人年金を止めた理由がコレです。
自分年金の作り方

変額の個人年金保険は、比較ランキングに向かない?



個人年金保険の比較を「私ならこっちに加入する」という具合に、勝ち抜き型のランキング形式で行っている当サイトですが、こと変額の個人年金となると、ある条件をつけなくては比較自体が成り立ちません。


その条件とはズバリ、「元本保証」です。各社で微妙に言葉遣いが異なるようですが、とにかく支払った保険料を下回らないこと。そうでない変額個人年金保険は比較もランキングもできません。


どの変額個人年金保険が優れているかは、まさに「神のみぞ知る」。どの保険が一番お金が増えるのか、あるいは減るのか、そんなことは結局誰にも分からないのですから、比較のしようがありません。


比較のしようがないということは、商品を選べないということです。ですから、何かしらの保証が付いていない変額個人年金保険には加入すべきではない、というのが私の見解です。


とにかく殖やす可能性を追い求めたいのであれば、個人年金保険に限らず、他の金融商品も視野に入れて、ハイリスク・ハイリターンの投資をしていく他ないでしょう。しかし、そんな大胆なことが許されるのは、余剰資金を抱えたほんの一部の人だけだと思います。


そうでない多くの人の場合、老後の生活資金は安全第一の運用をするべきです。変額で増える可能性を夢見つつ、元本はしっかり押さえておくことが最低条件のはずです。

変額の個人年金保険は定額タイプのものと比べると、種類が多く、内容も複雑です。ステップアップ型だとか、目標設定型だとか、増え方にも色々ありますし、運用するファンドを選べたりもします。


しかし、支払った保険料が受け取る金額(年金総額あるいは死亡給付金)を下回らないものを抽出できれば、変額個人年金保険の比較はかなりしやすくなります。


ところで、ハートフォード生命という保険会社をご存知でしょうか?日本の変額個人年金保険のシェアでNo.1の保険会社です。アリコやアフラックなどと違い、テレビなどのCMを打ったりしてませんから、もしかしたらご存知ない方も多いかもしれません。


一般への知名度がイマイチなのに、なぜ日本の個人年金保険でシェアNo.1を獲得することができているのでしょうか?


それは、ハートフォード生命の変額個人年金保険は、変額にも関わらず、すべて元本保証が付いているからです。支払った保険料は途中解約しない限り、何かしらの方法で保証されます。運用の結果が支払った保険料を下回った場合でも、です。


他社の変額個人年金保険では、「増える可能性もある代わりに減るリスクもありますよ。そこはあなたが負担して下さいね。」という商品がまだまだ多いです。その中にあって、ハートフォード生命は安心して老後資金を託すことができる変額個人年金保険の販売会社として信頼を勝ち得ているわけです。


たとえば、ハートフォード生命の変額個人年金保険は5つ、ラインナップされていますが、いずれも、支払った保険料が受け取る金額を下回ることがないように商品設計されています。(途中解約を除く。また運用結果がマイナスとなった場合は、定められた年金受取方法でないと支払い保険料相当額は保証されない。)


@アダージオ プラス5
目標設定機能付
年金原資保証型変額個人年金保険


Aライジング インカム
変額個人年金保険2007
最低保証型一時金付特別勘定終身年金(逓増率型)特約


Bアダージオ マイゴール
変額個人年金保険II型2003
目標設定機能付最低保証特約1015型


Cアダージオ3WIN
変額個人年金保険II型2003
多機能付年金特約


DアダージオV3
変額個人年金保険II型2003
特別加算金付最低保証年金特約1015型/1510型


上記の商品の違いは、保証の方法、運用の仕方、年金の受取方法によるもので、しつこいですが、いずれもほぼ元本が保証されています。


なので、当サイトでも、元本保証のある商品に限定して、保証の方法、運用の仕方、年金の受取方法などを比較して、「私ならコレを選ぶ」という形で、個人年金保険を比較・ランキングしていきますので、ご了承ください。

同ジャンル情報をチェック⇒人気Webランキング




当サイト管理人が個人年金を止めた理由がコレです。
自分年金の作り方