変額個人年金保険の比較ランキング「東京海上日動フィナンシャル生命 VS 三井住友海上メットライフ」

当サイト管理人が個人年金を止めた理由がコレです。
自分年金の作り方

変額個人年金保険の比較ランキング「東京海上日動フィナンシャル生命 VS 三井住友海上メットライフ」



変額個人年金保険の比較ランキング、今回は東京海上日動フィナンシャル生命と 三井住友海上メットライフの対決です。


さて、今回もまずは一社の変額個人年金保険のラインナップの中からひとつ、商品を選択しなければなりません。東京海上日動フィナンシャル生命には商品名で分類すると7つの変額個人年金保険がありますが、それは取り扱い金融機関ごとに商品名を変えているだけで、実際は3つに分類することができます。なお、『As You Like』を除いてはいづれも目標値設定タイプになっています。


年金原資保証タイプ

・グッドニュースU
・とどくんですプラス
・マリンウェイブU
・ねんきん新世代
・(As You Like)


年金受取総額保証タイプ

・ベストシナリオ
・三味一体


年金原資加算プラン

・(As You Like)


まず、最後の年金原資加算プランは元本保証がないので却下します。次に年金原資保証と、年金受取総額保証との違いですが、運用が不調だった場合、どうやって一時払いした保険料を保証してくれるかの違いです。


年金受取総額保証タイプは15年間の年金受取総額で、一時払い保険料を保証します。つまり、年金開始後に死亡した場合でも、遺族が残りの年金を受け取るという形でしか元本保証されないんです。一括でもらえない。


年金原資保証タイプの場合は、10年間運用さえすれば、15年の受取等の制限なく、すでにもらった年金総額と死亡給付金の合算で、一時払い保険料を保証してくれます。


私なら、東京海上フィナンシャル生命の中では、年金原資保証タイプの変額個人年金保険を選びます。


では、三井住友海上メットライフと比較すると、どういう結果になるでしょうか。


元本保証の「形式」という点では、三井住友海上メットライフのLGシリーズは、年金原資保証型です。 積立期間中は死亡保険金額として、また、保証金額付特別勘定終身年金の年金受取期間中は既払年金累計額と死亡一時金額の合算により、基本保険金額が最低保証されます。


AGシリーズは受取総額保証型。積立期間中は死亡保障があり、年金開始後は年金受取総額の最低保証があります。


先ほど、私は東京海上日動フィナンシャル生命の中ではLGシリーズと同じ、年金原資保証型を選びましたが、どちらに軍配を上げるかといえば、私なら三井住友海上メットライフのLGシリーズです。


理由のひとつは、メットライフは年金開始後も特別勘定での運用を継続してくれる点です。


東京海上日動フィナンシャル生命はじめ、ほとんどの変額個人年金保険は、年金開始前に一般勘定に資産を移し、利益あるいは損失を確定して、そこから私達への年金の支払いをしていきます。


しかし三井住友海上メットライフはLG・AG両シリーズとも、残資産の特別勘定での運用が継続されます。もちろん、これにはリスクもあって、年金開始前に運用を止めておいた方が得なケースもあります。


しかし、そこは神のみぞ知る。どうせ変額年金を選択しているのなら、お金は寝かせずに、できるだけ働かせるべきだと、私は考えます。


東京海上日動フィナンシャル生命より三井住友海上メットライフを選ぶ理由のもう一つは、「目標設定」です。東京海上日動フィナンシャル生命は『As You Like』の年金原資保証プラン以外は、すべて目標設定型の変額個人年金保険です。


他のところでも再三お話していますが、私は目標設定型の変額個人年金保険は苦手です。どの目標値が一番得するのかなんて、神様にしか分からないわけで、どんな数値を選んでも後悔しそうで怖いです。・・・私、小心者かつ神経質なもんで・・・。


三井住友海上メットライフのLGシリーズは、目標設定型ではなく、ステップアップ型です。これは運用成果に応じて毎年年金額を見直す方式。しかも一度ステップアップした年金額は、その後運用が悪化した場合も下がることはありません。私は目標設定型よりも、ステップアップ型の方が好きですね。はい。


よって、この勝負、三井住友海上メットライフの勝ちとします。


ちなみに、年金受取総額保証型で比較しても、私なら三井住友海上メットライフのAGシリーズを選びます。理由は、年金開始後の特別勘定での運用もポイントですが、さらに、メットライフの最低保証は元本(=100%)ではなく、105・110・115%もあるからです。


う〜む・・・メットライフ、強し!

同ジャンル情報をチェック⇒人気Webランキング




当サイト管理人が個人年金を止めた理由がコレです。
自分年金の作り方